中高年や大阪男子が求められている求人が多く存在しています

サイトマップ
job offer

弁護士、司法書士求人について

座っている男性

弁護士や司法書士は、求人の中で高収入の部類に入る求人です。体力なども必要ないホワイトカラー求人であるため、女性でも就業可能です。そのような状況にも関わらず職業の女性比率は、弁護士が19%程度、司法書士が12%程度と低いです。いわば、弁護士や司法書士は、完全な男性求人ではありませんが、女性の就業率は下位の方ですので男性求人であると言えます。
弁護士や司法書士が男性求人であるのには、理由があると思います。それは、この2つの仕事が論理的思考力を必要とするからです。Aならば、Bであると考えるのが論理的思考です。女性は直感や感情で物事を考える傾向があります。Aが正しいと感じるからAと言うような考え方です。特に、弁護士は法律を使って誰もが納得する結論を導きだして、裁判官を納得させなければなりません。その際に女性特有の感情を使った物の考え方では、自分が納得することはできるものの、裁判官を納得させることはできません。
しかし、女性特有の考え方を生かして、司法書士や弁護士などの法律職で働くとメリットもあります。裁判官を説得する際に、感情論だけでは説得できませんが、論理に基づいた感情論であれば、ただの論理はより説得力を増すと思います。

TOP